見出しの有無を確認するサンプル記事

これは見出しの有無を確認するためのサンプル記事です。

例として格安スマホに関するコンテンツを以下にまとめていきます。

格安スマホとは?

格安スマホは名前の通り、格安なスマホの事ですが、具体的にはMVNOと呼ばれる業者の事や、大手キャリア以外が販売するSIMフリースマホの事を指して使われています。業者そのものを格安スマホと呼んでいることもあれば、端末の事を指している場合もあり、明確な基準はない感じですね。とりあえずスマホの料金が安くなるというざっくりとした認識で「格安スマホ」と呼んでいる方も多いんじゃないでしょうか。なので格安スマホについて解説してみます。

MVNOとは?

まずは大手キャリア以外の格安スマホ業者(MVNO)について解説します。MVNOは大手キャリアから通信回線を借りている業者の事。大手キャリアをMNOと予備のに対し、回線設備を借りている業者をMVNOと呼びます。

MVNOのメリットとデメリット

自社では通信設備を持っていないため、その維持管理費がかからず、その分安い料金でプランを提供できるというメリットがあります。その反面、実店舗は少なく、サポート面では大手キャリアに及ばないのがデメリット。他にも大手キャリアと比べると通信速度が不安定なことがあたり、キャリアメールが使えなくなるなどのデメリットが良く知られています。しかし、安さは大きな魅力なので、サポート面はそれほど重視しない人なら利用を検討してみると良いでしょう。

SIMフリー端末って何?

次にSIMフリースマホに関してです。SIMフリースマホは名前の通り、SIMロックがかかっていないスマホの事。大手キャリアで販売されているスマホは基本的に全てSIMロックがかかっており、他社のSIMカードが使えません(手続きすれば解除は可能です)。しかし、SIMフリー端末はそうした制限がないのが特徴。MVNOが扱っているスマホは基本的にこのSIMフリー端末です。
SIMフリー端末として販売されているのはASUSやHUAWEIといった海外製の端末が主で、価格もかなり幅があります。中には1万円程度で購入できるものもありますし、高いものでは10万円近いものも。性能もピンキリで、高性能なものもあれば、とりあえず通話とネットが出来ればOK!という方にぴったりのコスパ重視の端末も存在します。要するに自分の用途に合わせて端末を選べるのが魅力ですね。

まとめ

というわけで格安スマホについて解説をしてみました。デメリットもありますが、メリットも多いのが格安スマホ。毎月のスマホ料金が高い・・・と思っている方は一度乗り換えを検討してみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする